FC2ブログ

オリンピック

今回のロンドン五輪、なんだか今一父上様的には盛り上がらない。

それはメダルがの数がどうだとか、かわいい女性アスリートが少ないとか
そんなことじゃない。

審判に抗議が多いと感じる事が原因。

誰もが認める明らかな勝利、どちらとも取れる判定については
自分が未熟でまだまだ力が足りないんだという潔さが、
日本選手、監督・コーチ陣の美学だったんじゃないかなと思います。

見ていて気持ちがいい試合。
負けても良くがんばった!って思えるゲーム。
さすがは日本だ!と思える圧倒的なゲーム運び。
オリンピックってこうじゃないと。

柔道の判定が覆ったり、体操で点数が入れ替わったり、今一スッキリとしない
試合が多いと思います。

判定勝ち、優勢勝ちでも勝ちにこだわるお隣のお国の方々と
あまり変わらないような気がしてならない。
柔道の時なんて、どちらが日本かわかりませんでしたもん。

それだけ、日本優位の競技がなくなってきたとも言えるのかも知れません。

水泳だって、変に「かみ合っていませんでした」みたいな言い訳じゃなく、
「がんばったんだけど、力及ばずでした」っていえば、
聞いていて、気持ちがいいもの。

みんながんばってるのはわかってる。日本代表って重荷を背負って
プレッシャーに耐えて自分のベストを貫いている。
で、結果負けちゃってもいいじゃない。
それが日本のレベル。
次の大会、次の世代の選手がそれを乗り越えて勝てばいいじゃない。

父上は東洋の東の端の小さな島国の農耕民族が、
大陸の大きな狩猟民族に果敢に挑む姿がかっこいいのよ。



農家をなめんじゃねぇ!!<農家出身じゃないけど。



でもまだまだオリンピックは始まったばかり。
まだまだ寝不足に悩まされそうです。
スポンサーサイト